長澤知之 – JUNKLIFE lyrics

All songs written and produced by Nagasawa Tomoyuki.

1. 夢先案内人 (yumesaki annainin)
運転手さん 僕なんかに道を訊かないで あなたもプロだろ?
(untenshusan boku nanka ni michi o kikanaide anata mo PURO daro?)
僕を正しい近道に導いて 人里離れた虹の麓へ
(boku o tadashii chikamichi ni michibiite hitozatohanareta niji no fumoto e)

3号線沿いで僕はあなたを あなたは僕を拾い会った
(sangousen zoi de boku wa anata o anata wa boku o hiroiatta)
慈悲深き加護ゆえの出逢いと感謝すべきでしょうけれど
(jihi fukaki kago yue no deai to kansha subeki deshou keredo)
祈りすら叶わぬ願い ノックするにも見えないドア
(inori sura kanawanu negai NOKKU suru ni mo mienai DOA)
それでも「創造通りだ。」と誰かが言う
(soredemo “souzou doori da.” to dareka ga iu)

屋上灯を点滅させながら僕らは走る 延々と
(okujou tou o tenmetsu sasenagara bokura wa hashiru enen to)
巡り巡るよスーパーサイン どこまでも上がるよタクシーメーター
(meguri meguru yo SUUPAA SAIN dokomademo agaru yo TAKUSHII MEETAA)
6300円しかありませんけれど
(roku sen san byaku en shika arimasen keredo)
後悔はさせないし 逃げませんよ
(koukai wa sasenai shi nigemasen yo)

逃げて 逃げて 運転手さん 僕を逃がして
(nigete nigete untenshusan boku o nigashite)
逃げて 逃げて 運転手さん 僕を逃がして
(nigete nigete untenshusan boku o nigashite)
道は続く続くよ 燦々と この預金の限り
(michi wa tsudzuku tsudzuku yo sansan to kono yokin no kagiri)

ファールアウト もうこの世は御免だ 僕は戦場を舞うバレリーノ
(FAARUAUTO mou kono yo wa gomen da boku wa senjou o mau BARERIINO)
初々しい夕陽の中 眠りを忘れ 恋をするよ このあっけないスリルに
(uiuishii yuuhi no naka nemuri o wasure koi o suru yo kono akkenai SURIRU ni)

運転手さん 心配そうな声をやめてよ そんな常識気に留めないで
(untenshusan shinpaisou na koe o yamete yo sonna joushiki ki ni tomenaide)
よそ行きのスピードで公道をぶっ飛ばすんだ 血管の全てに鳴らすんだ
(yoso yuki no SUPIIDO de koudou o buttobasunda kekkan no subete ni narasunda)

どうせ僕みたいな素面の酔っ払いなんて内心軽蔑してるでしょ?
(douse boku mitai na shirafu no yopparai nante naishin keibetsu shiteru desho?)
一方通行で過去にしか永住権を持てない 社会の底辺で愛を叫ぶ ゴミ野郎だと軽蔑してるでしょ?
(itsu* de kako ni shika eijuuken o motenai shakai no teihen de ai o sakebu GOMI yarou da to keibetsu shiteru desho?)

言っていいよ 運転手さん 軽蔑してるでしょ?
(itte ii yo untenshusan keibetsu shiteru desho?)
いいよ 口にしなよ 運転手さん 軽蔑してるでしょ?
(ii yo kuchi ni shina yo untenshusan keibetsu shiteru desho?)
頷いて答えてよ 「まぁ、そうですね。」って 僕も自分がキモイっすよ
(unazuite kotaete yo “maa, sou desu ne.” tte boku mo jibun ga KIMOI ssu yo)

運転手さん 僕なんかに道を訊かないで あなたもプロだろ?
(untenshusan boku nanka ni michi o kikanaide anata mo PURO daro?)
僕は正しい近道に導いて 人里離れた虹の麓へ 肌色の空がある虹の麓へ
(boku o tadashii chikamichi ni michibiite hitozatohanareta niji no fumoto e hadairo no sora ga aru niji no fumoto e)

逃げて、逃げて、逃げて、逃げて・・・・・
(nigete, nigete, nigete, nigete……)

2. 明日のラストナイト (Ashita no Last Night)
綺麗事、絵空事 ことごとくお飯事
(kireigoto, esoragoto kotogotoku omamagoto)
彼の友情は戯言 あの子の恋はうわ言
(kare no yujou wa zaregoto ano ko no koi wa uwagoto)
日毎、仕事、悩み事 夜毎、小言、泣き言
(higoto, shigoto, nayamigoto yogoto, kogoto, nakigoto)
誰かのパッシングライト 反対車線の揉め事
(dareka no PASSHINGU RAITO hantai shasen no momegoto)
赤と黄色と青と 赤と黄色と青・・・と
(aka to kiiro to ao to aka to kiiro to ao…to)
移ろい続ける事 それが日々の何もかも
(utsuroi tsudzukeru koto sore ga hibi no nanimo kamo)

そして僕に出来る事 君の傍にいる事
(soshite boku ni dekiru koto kimi no soba ni iru koto)
明日のラストナイト たとえオメガであろうと
(ashita no RASUTO NAITO tatoe OMEGA de arou to)

願い事、隠し事 「一、二、三、四」などと
(negaigoto, kakushigoto “hi, fu, mi, yo”* nado to)
数えてはみるけれど 神様は他人事
(kazoete wa miru keredo kami-sama wa taningoto)
あの日信じた真 あの日信じなかった真
(ano hi shinjita magoto* ano hi shinjinakatta magoto*)
君の事、僕の事 忘れられる一言
(kimi no koto, boku no koto wasurerareru hito koto)
赤と真っ暗と青と 赤と真っ暗と青・・・と
(aka to makkura to ao to aka to makkura to ao…to)
繰り返す空々に 聞こえる約束事
(kurikaesu sorazora ni kikoeru yakusokugoto)

そして僕に出来る事 君の手を握る事
(soushite boku ni dekiru koto kimi no te o nigiru koto)
明日のラストナイト 君と話せていた事
(ashita no RASUTO NAITO kimi to hanaseteita koto)

最期に誇れる事 君の人で在れた事
(saigo ni hokoreru koto kimi no hito de areta koto)
この先にある道が たとえオメガであろうと
(kono saki ni aru michi ga tatoe OMEGA de arou to)

3. THE ROLE
帰りたいのに帰れないのはあんたがあんたで無くなってきたから
(kaeritai noni kaerenai no wa anta ga anta de nakunatte kita kara)
3Dも抱き枕も今日はやめときなよ 可愛いエネミー
(3D mo daki makura mo kyou wa yame toki na yo kawaii ENEMII)
殺し合いたいわけじゃないけれど見つめ合いたい仲でもないから
(koroshi aitai wake janai keredo mitsume aitai naka demo nai kara)
何で遊ぶかともに決めよう 可愛いエネミー だからこうして
(nande asobu ka tomo ni kimeyou kawaii ENEMII dakara koushite)

這いつくばって生きて転がって 廃屋満タンの廃人の前で
(haitsukubatte ikite korogatte haioku manTAN no haijin no mae de)
老朽化しない廃りでノって 愛と希望とギターと肉
(roukyuuka chinai sutari de NOtte ai to kibou to GITAA to niku)
這いつくばってイッてくたばって 吐いた唾を飲んで吐いて飲んで
(haitsukubatte Itte kutabatte haita tsuba o nonde haite nonde)
灰色になって途方に暮れる 愛と希望とギターと肉
(haiiro ni natte tohou ni kureru ai to kibou to GITAA to niku)

何にも分かち会えないベイベー 哀しいよ
(nanimo wakachi aenai BEIBEE kanashii yo)
ロックンロールしたいだけのハニー ロックンロール(笑)
(ROKKUNROORU shitai dake no HANII ROKKUNROORU)
今晩嘘を言いえばいいよ
(konya uso o iieba ii yo)
じゃあ僕が「死ぬ。」と言うから 君は「永遠。」と言いなよ
(jaa boku ga “shinu.” to iu kara kimi wa “towa.”* to iina yo

何にも分かち会えないベイベー 哀しいよ
(nanimo wakachi aenai BEIBEE kanashii yo)
欲情していたいだけの笑顔 欲情してイタい
(yokujou shiteitai dake no egao yokujou shite ITAi)

だってこの穴ぐらにはもう朝なんて来ないんだよ
(datte kono anagura ni wa mou asa nante konainda yo)
君のお腹に今日僕は革命を起こそう 8ビートでのんびりと
(kimi no onaka ni kyou boku wa kakumei o okosou EITO BIITO de nonbiri to)

漂えばいいんだよ ただ酔えばいいんだよ 輝けばいいんだよ
(tadayoueba iinda yo tada yoeba iinda yo kagayakeba iinda yo)
今晩嘘を言えばいいよ
(konya uso ieba ii yo)
じゃあ僕が「死ぬ。」と言うから 君は「永遠。」と言いなよ
(jaa boku ga “shinu.” to iu kara kimi wa “towa.”* to iina yo)

這いつくばって生きて転がって 廃屋満タンの廃人の前で
(haitsukubatte ikite korogatte haioku mantan no haijin no mae de)
老朽化しない廃りでノって 愛と希望とギターと肉
(roukyuuka chinai sutari de NOtte ai to kibou to GITAA to niku)
這いつくばってイッてくたばって 吐いた唾を飲んで吐いて飲んで
(haitsukubatte Itte kutabatte haita tsuba o nonde haite nonde)
灰色になって途方に暮れる 愛と希望とギターと肉
(haiiro ni natte tohou ni kureru ai to kibou to GITAA to niku)

何にも分かち会えないベイベー 哀しいよ
(nanimo wakachi aenai BEIBEE kanashii yo)
欲情していたいだけの笑顔 欲情してイタい
(yokujou shiteitai dake no egao yokujou shite ITAI)
ロックンロールしたいだけのハニー ロックンロール(笑)
(ROKKUNROORU shitai dake no HANII ROKKUNROORU)
だからこうして ロール ロール ロール
(dakara koushite ROORU ROORU ROORU)

4. JUNKLIFE
今日は何も無い日みたいだから散歩してるんだ
(kyou wa nanimo nai hi mitai dakara sanpo shiterunda)
見晴らしのいい青空をミサイルが飛ぶ
(miharashi no ii aozora o MISAIRU ga tobu)
「あら、昼間から流れ星よ。」と彼女は呑気を言う
(“ara, hiruma kara nagareboshi yo.” to kanojo wa nonki o iu)
「馬鹿だな。あれはUFOさ。」って僕が笑う
(“baka da na. are wa UFO sa.” tte boku ga warau

棘の無い薔薇を積んだ子供たちが丘を走る
(toke no nai bara o tsunda kodomotachi ga oka o hashiru)
その光景を「時代」と割り切る平成さが
(sono koukei o “jidai” to warikiru heisei saga)
君にはまるで足りてないね そんなんじゃ辛いだろう?
(kimi ni wa maru de taritenai ne sonnanja tsurai darou?)
それで良けりゃ良いし 悪けりゃ時代が悪い
(sorede yokerya ii shi warukerya jidai ga warui)
友人は死後へのKEYも地球の温暖化も 金銭を上納することで済むと僕に張り付く
(yujin wa shigo e no KEY mo chikyuu no ondanka mo kinsen o jounou suru koto de sumu to boku ni haritsuku)
架け甲斐の無い橋を架けたい大工の弟子の知り合いの末裔達の説く帰り道の無い
(kake kai no nai hashi o kaketai daiku no deshi no shiriai no matsueitachi no toku kaerimichi no nai)

JUNKLIFE JUNKLIFE JUNKLIFE

彼女はアルカスの生まれ変わり そして僕のハニー
(kanojo wa ARUKASU no umare kawari soshite boku no HANII)

君の故郷に二人で行こう 僕が王になろう
(kimi no kokyou ni futari de yukou boku ga ou ni narou)

昨日も何も無い日だったから散歩してたんだ 夜は彼女の家でバラエティを観てた
(kinou mo nanimo nai hi datta kara sanpo shitetanda yoru wa kanojo no ie de BARAETII o miteta)
何だか笑うツボが違ってイラッと来ちゃってさ 人間なんてファンタジーだと思ったよ
(nandaka warau TSUBO ga chigatte IRA tto kichatte sa ningen nante FANTAJII da to omotta yo)
ほら 壁に手を振る赤ん坊 遠吠えを止めない犬 家出したきり無言の帰宅な女の子
(hora kabe ni te o furu akanbou tooboe o yamenai inu iede shita kiri mugon no kitaku na onna no ko)
人間なんてファンタジーだと僕は思っちゃうんだ
(ningen nante FANTAJII da to boku wa omocchaunda)
リアルなんてファンタジーだと思っちゃうんだ
(RIARU nante FANTAJII da to omocchaunda)

彼女はアルカスの生まれ変わり そして僕のハニー
(kanojo wa ARUKASU no umare kawari soshite boku no HANII)
君の故郷に二人で行こう 僕が王になろう
(kimi no kokyou ni futari de yukou boku ga ou ni narou)

明日も何も無い日だろうから散歩しちゃうんだ
(ashita mo nanimo nai hi darou kara sanpo shichaunda)
どこへ行ったって落ちて追い込まれるだけ
(doko e ittatte ochite oikomareru dake)
棘の無い薔薇を積んだ子どもたちが丘を走る 見晴らしのいい青空をミサイルが飛ぶ
(toge no nai bara o tsunda kodomotachi ga oka o hashiru miharashi no ii aozora o MISAIRU ga tobu)
ミサイルを仰ぎながら子ども達は丘を走る あと数歩未来で断崖が待ってても
(MISAIRU o aoginagara kodomotachi wa oka o hashiru ato suuho mirai de dangai ga mattetemo)
どこへ行ったって落ちて追い込まれるだけ
(doko e ittatte ochite oikomareru dake)

そして そして?
(soshite soshite?)

5. EXISTAR
EXISTAR 僕の瞳孔のパイオニアになって
(EXISTAR boku no doukou no PAIONIA ni natte)
胡蝶が醒めてしまう前に 今、最初で最高の最期を
(kochou ga sameteshimau mae ni ima, saisho de saikou no saigo o)
EXISTAR どうか照らし出して暴いてほしいんだ
(EXISTAR douka terashi dashite abaite hoshiinda)
曖昧で絶対な空間を埋め続ける時間と肉体の
(aimai de zettai na kuukan o uzume tsudzukeru jikan to nikutai no)
「果て」を「宛」を「所以」を「意味」をくれよ
(“hate” o “ate” o “yuen” o “imi” o kure yo)

今夜、心の底から 奈落の底から星を見る
(konya, kokoro no soko kara naraku no soko kara hoshi o miru)

誰かが僕を呼んでるんだ 聞いたこともない名前で
(dareka ga boku o yonderunda kiita koto mo nai namae de)
そこまで行こうとするけど 天使のように飛べなくって
(soko made ikou to suru kedo tenshi no you ni tobenakutte)
何となく世界の終りを 体操座りで待ちながら
(nantonaku sekai no owari o taisou suwari de machinagara)
あのアラームの鳴る日まで 名もなき明晰夢の中
(ano ARAAMU no naru hi made na mo naki meisekimu no naka)
EXISTAR 僕を照らし出して壊してくれないか
(EXISTAR boku o terashi dashite kowashite kurenai ka)

僕は溶鉱炉で体を失ったけれど
(boku wa youkouro de karada o ushinatta keredo)
今夜、生き残った心臓がゴミ溜めの中で星を見る
(konya, ikinokotta shinzou ga GOMI tame no naka de hoshi o miru)

「真実」などと言っちまうと 世間は白目で見るから
(“shinjitsu” nado to icchimau to seken wa shirume de miru kara)
僕は嫌われていたいんだ 栄光は侮蔑の中に
(boku wa kirawarete itainda eikou wa bubetsu no naka ni)

誰かが僕を呼んでるんだ 誰かが君を呼んでるんだ
(dareka ga boku o yonderunda dareka ga kimi o yonderunda)
そこまで行こうとするけど 天使のように飛べなくって
(soko made ikou to suru kedo tenshi no you ni tobenakutte)
何となく世界の終りを 体操座りで待ちながら
(nantonaku sekai no owari o taisou suwari de machinagara)
あのアラームの鳴る日まで 名もなき明晰夢の中
(ano ARAAMU no naru hi made na no naki meisekimu no naka)
EXISTAR 僕を照らし出して壊してくれないか
(EXISTAR boku o terashi dashite kowashite kurenai ka)

煌いてスターライト
(kirameite SUTAARAITO)
踊って酔っぱらい
(odotte yopparai)
累々とパレイドリア
(ruirui to PAREIDORIA)
此処はトワイライト
(koko wa TOWAIRAITO)
煌いてスターライト
(kirameite SUTAARAITO)

煌いて…
(kirameite…)

6. マンドラゴラの花 (MANDORAGORA no hana)
ストロボライト 君を忘れない
(SUTOROBO RAITO kimi o wasurenai)
いや むしろ君を思い出せない
(iya mushiro kimi o omoidasenai)
悲しみは青や黒ではない
(kanashimi wa ao ya kuro de wa nai)
目の醒めるように澄んだシルバーなのさ
(me no sameru you ni sunda SHIRUBAA na no sa)
それはマンドラゴラの花
(sore wa MANDORAGORA no hana)
僕のマンドラゴラの花
(boku no MANDORAGORA no hana)

全て君の言った通りにした
(subete kimi no itta doori ni shita)
何もかも捧げて「うん。」と言った
(nanimo kamo sasagete “un.” to itta)
僕の罪と夢はマンドラゴラの雫へと変わって夜を食べる
(boku no tsumi to yume wa MANDORAGORA no shizuku e to kawatte yoru o taberu)
それはマンドラゴラの花
(sore wa MANDORAGORA no hana)
僕のマンドラゴラの花
(boku no MANDORAGORA no hana)

「ここで終わりだね。」と君が嘆く
(“koko de owari da ne.” to kimi ga nageku)
今までの報いをいっぺんに受けて
(imamade no mukui o ippen ni ukete)
僕の罪と夢はマンドラゴラの雫へと変わって
(boku no tsumi to yume wa MANDORAGORA no shizuku e to kawatte)
海に帰る
(umi ni kaeru)

全て君の言った通りにした
(subete kimi no itta doori ni shita)
何もかも捧げた「うん。」と言った
(nanimo kamo sasagete “un.” to itta)
僕の罪と夢はマンドラゴラの雫へと変わって夜を食べる
(boku no tsumi to yume wa MANDORAGORA no shizuku e to kawatte yoru o taberu)
それはマンドラゴラの花
(sore wa MANDORAGORA no hana)
僕のマンドラゴラの花
(boku no MANDORAGORA no hana)
ストロボライト 君を忘れない
(SUTOROBO RAITO kimi o wasurenai)
いや むしろ君を思い出せない
(iya mushiro kimi o omoidasenai)

7. 僕らの輝き (bokura no kagayaki)
僕らの輝きって午後九時の夜空みたいなモノ
(bokura no kagayaki tte gogo ku ji no yozora mitai na MONO)
街の灯の外に在って 街の中からじゃ見えないモノ
(machi no hi no soto ni atte machi no naka karaja mienai MONO)
時々見失って溜め息の雲に隠れても 響き渡る光へのメロディ
(tokidoki miushinatte tameiki no kumo ni kakurete mo hibikiwataru hikari e no MERODI)

君へのこの思いを詩にすれば五文字で終るけど
(kimi e no kono omoi o shi ni sureba go moji de owaru kedo)
それほどに短くって てらいが無くても輝くモノ
(sorehodo ni mijikakutte terai ga nakutemo kagayaku MONO)
時々「分からない。」と君はふてちゃう事もあるけど これが僕の光へのメロディ
(tokidoki “wakaranai.” to kimi wa futechau koto mo aru kedo kore ga boku no hikari e no MERODI)

来週も再来週も日曜の終りは月曜の足音
(raishuu mo saraishuu mo nichiyou no owari wa getsuyou no ashioto)
また頬杖を突いて同じ窓を眺めるのかなぁ・・・
(mata hoodzue o tsuite onaji mado o nagameru no kanaa…)
どれくらい泣きじゃくって どれくらい暗く閉ざされても 君にもある光へのメロディ
(dore kurai nakijakutte dore kurai kuraku tozasaretemo kimi ni mo aru hikari e no MERODI)

僕らは一つの愛になる
(bokura wa hitotsu no ai ni naru)
ご覧 今目に見えなくても日差しのように照らし出すから
(goran ima me ni mienakutemo hizashi no you ni terashi dasu kara)
望めば望むほど君は今日をもっともっと生きたいと思うはず
(nozomeba nozomu hodo kimi wa kyou o motto motto ikitai to omou hazu)

一夜のアバンチュールの出会いなんか僕は要らない
(hitoyo no ABANCHUURU no deai nanka boku wa iranai)
心が赤の他人のキスなんか欲しくはない
(kokoro ga aka no tanin no KISU nanka hoshiku wa nai)
この世の次元内での恋愛とは違うんだよ 僕と君の光へのメロディ
(kono yo no jigen nai de no renai to wa chigaunda yo boku to kimi no hikari e no MERODI)

何にも悲しくないけれど
(nanimo kanashikunai keredo)
アクビだなんてうそぶく僕 人生そんなに暇じゃないね
(AKUBI da nante usobuku boku jinsei sonnani hima janai ne)
取り戻せない空を追うよりも さあ朝日を見に目を覚ますんだ
(torimodosenai sora o ou yori mo saa asahi o mi ni me o samasunda)

僕らは一つの愛になる
(bokura wa hitotsu no ai ni naru)
ご覧 今は渇いていても雨のように心が満ちるから
(goran ima wa kawaiteitemo ame no you ni kokoro ga michiru kara)
願えば願うほど君の明日はずっとずっとより良くキラメクはず
(negaeba negau hodo kimi no asu wa zutto zutto yori yoku KIRAMEKU hazu)

一夜のアバンチュールの出会いなんか僕は要らない
(hitoyo no ABANCHUURU no deai nanka boku wa iranai)
心が赤の他人のキスなんか欲しくはない
(kokoro ga aka no tanin no KISU nanka hoshiku wa nai)
この世の次元内での恋愛とは違うんだよ 僕と君の光へのメロディ
(kono yo no jigen nai de no renai to wa chigaunda yo boku to kimi no hikari e no MERODI)
僕と君の光へのメロディ 僕と君の光へのメロディ
(boku to kimi no hikari e no MERODI boku to kimi no hikari e no MERODI)

8. 俺はグビ (ore wa GUBI)
グビグビグビ 飲んじまって 忘れたい記憶全部 このコップに注ぎ込んで飲みほして「もう一杯。」
(GUBI GUBI GUBI nonjimatte wasuretai kioku zenbu kono KOPPU ni sosogikonde nomihoshite “mou ippai.”)
グビグビグビ 飲んじまえよ 言いたい事言っちまえよ このコップに注ぎ込んで飲み干して吐いちまえ
(GUBI GUBI GUBI nonjimaeyo iitai koto icchimae yo kono KOPPU nisosogikonde nomihoshite haichimae)

泣いたのはアンタからだろう 俺からじゃない
(naita no wa ANTA kara darou ore kara janai)
泣いたのはアンタからだろう 俺からじゃない
(naita no wa ANTA kara darou ore kara janai)
泣いたのはアンタからだろう 俺はただつい・・・
(naita no wa ANTA kara darou ore wa tada tsui)

フラれちまって 釣られちまって 潰れてるだけ
(FURArechimatte tsurarechimatte tsubureteru dake)
フラれちまって 釣られちまって 潰れてるだけ
(FURArechimatte tsurarechimatte tsubureteru dake)
フラれちまって 釣られちまって 潰れてるだけ
(FURArechimatte tsurarechimatte tsubureteru dake)

だからグビグビグビ グビグビグビ グビグビオールナイト
(dakara GUBI GUBI GUBI GUBI GUBI GUBI GUBI GUBI OORU NAITO)

もうすっかり酔っちまってアンタが俺に見える俺 このコップの中に落ちて波打つモロイ瞳
(mou sukkari yocchimatte ANTA ga ore ni mieru ore kono KOPPU no naka ni ochite namiutsu MOROI hitomi)
綺麗な姉ちゃんじゃなくて カラオケマイクでもなくて あの娘の事思い出して ぶつぶつと独り言
(kirei na nee-chan janakute KARAOKE MAIKU demo nakute ano ko* no koto omoidashite butsubutsu to hitorigoto)

一見さんはアンタだろう 俺は常連
(ichigen-san wa ANTA darou ore wa jouren)
一見さんはアンタだろう 俺は常連
(ichigen-san wa ANTA darou ore wa jouren)
一見さんはアンタだろう 俺は常連
(ichigen-san wa ANTA darou ore wa jouren)

なあ、大将そうだろう? 覚えておいて
(naa, taishou sou darou? oboete oite)
なあ、大将そうだろう? 覚えておいて
(naa, taishou sou darou? oboete oite)
なあ、大将そうだろう? 覚えておいて
(naa, taishou sou darou? oboete oite)

だからグビグビグビ グビグビグビ グビグビオールナイト
(dakara GUBI GUBI GUBI GUBI GUBI GUBI GUBI GUBI OORU NAITO)
俺はウジウジウジ ウジウジウジ ウジウジオールナイト
(ore wa UJI UJI UJI UJI UJI UJI UJI UJI OORU NAITO)
俺はグビグビウジウジ グビグビウジウジグビウジオールナイト
(ore wa GUBI GUBI UJI UJI GUBI GUBI UJI UJI GUBI UJI OORU NAITO)

9. MEDAMAYAKI
うぬぼれが好きですし 今より易しい矛盾はありませんし
(unubore ga suki desu shi ima yori yasashii mujun wa arimasen shi)
サニーサイドアップ 時代とドッキング 性的な意味で
(SANIISAIDOAPPU jidai to DOKKINGU seiteki na imi de)
ああ これ以上ないお金が欲しいんです
(aa kore ijou nai okane ga hoshiindesu)
サニーサイドアップ 卵白を聴いた卵黄なME MEDAMAYAKI
(SANIISAIDOAPPU ranpaku o kiita ranou na ME MEDAMAYAKI)

全米が泣いた映画で泣いて 洋楽で想像妊娠して
(zenbei ga naita eiga de naite yougaku de suzouninshin shite)
どんどん産めよ増やせよ状態の焦げた MEDAMAYAKI
(dondon ume yo fuyase yo joutai no kogeta MEDAMAYAKI)
もうこれ以上 僕には「ふるさと」が唄えないよ
(mou kore ijou boku ni wa “furusato” ga utaenai yo)
サニーサイドアップ 鏡へと号泣
(SANIISAIDOAPPU kagami e to goukyuu)

パープルなピープルがグレーゾーンで三三七拍子を練習中
(PAAPURU na PIIPURU ga GUREE ZOON de san san nana hyoshi o renshuu chuu)
みじん切りにされた芯の無いキャベツと共に 性的な意味で
(mijin kiri ni sareta shin no nai KYABETSU to tomo ni seiteki na imi de)

危険な事はもっともっと言って でも私生活は細々生きて
(kigen na koto wa motto motto itte demo shiseikatsu wa hosoboso ikite)
メイクアップ 片頬だけのチーク ME ME MEDAMAYAKI
(MEIKUAPPU kata hou dake no CHIIKU MI MI MEDAMAYAKI)

もうこれ以上 これ以上ない情が欲しくってさ 欲しくってさ
(mou kore ijou kore ijou nai jou ga hoshikutte sa hoshikutte sa)
妄想上ではとっくにヒーローなんだけど
(mousou jou de wa tokku ni HIIROO nanda kedo)

なんとなく全米NO.1に弱くて なんとなく脱色されちまって
(nantonaku zenbei NANBA WAN ni yowakute nantonaku dashoku sarechimatte)
なんとなく九を凄いと思ってるんだよ 悪いかい
(nantonaku kyuu o sugoi to omotterunda yo warui kai)

サニーサイドアップ 僕らはオカルト
(SANIISAIDOAPPU bokura wa OKARUTO)
順調だった過去の未来像を演じて暮らして生きるだけ
(junchou datta kako no miraizou o enjite kurashite ikiru dake)

正解が好きですし 「自分通りで在ろう」とも思いますよ
(seikai ga suki desu shi “jibun doori de arou” to mo omoimasu yo)
でも僕はどうしたってPAPER STAR 卵白を聴いた人生だから
(demo boku wa doushita tte PAPER STAR ranpaku o kiita jinsei dakara)
順調だった過去の未来像をミイラの過去の未来像の・・・ミイラさ
(junchou datta kako no miraizou o MIIRA no kako no miraizou no…MIIRA sa)

10. はぐれ雲けもの道ひとり旅 (hagure kumo kemono michi hitori tabi)
少しその街を離れて ケータイの電源を切って
(sukoshi sono machi o hanarete KEETAI no dengen o kitte)
しばらく友達も忘れて 鈍行に揺られるだけでいい
(shibaraku tomodachi mo wasurete tonkou ni yurareru dake de ii)
君にとってその生活が時折負担になったなら
(kimi ni totte sono seikatsu ga tokiori futan ni nattara)
恋しくなるまで旅をして
(koishiku naru made tabi o shite)
恋しくなったら戻ればいい
(koishiku nattara modoreba ii)

人生は駆け抜けるものではない
(jinsei wa kakenukeru mono de wa nai)
人生は振り返るものではない
(jinsei wa furikaeru mono de wa nai)
・・・いいや 人生はあの日の月が照らした
(…ii ya jinsei wa ano hi no tsuki ga terashita)
はぐれ雲のようにたゆたうだけ
(hagure kumo no you ni tayutau dake)

こないだ君が彼女と観た映画のストーリーみたいな
(konaida kimi ga kanojo to mita eiga no SUTOORII mitai na)
展開の透けた将来に僕らの求めるものなどない
(tenkai nosuketa shourai ni bokura no motomeru mono nado nai)
顔を赤らめる事ばかり もう口にしたくない名前
(kao o akarameru koto bakari mou kuchi ni shitakunai namae)
顔を青ざめる事ばかり もう思い出したくない場所
(kao o aozameru koto bakari mou omoidashitakunai basho)

人生の死は終末なんかじゃない
(jinsei no shi wa shuumatsu nanka janai)
生涯の完成であり無ではない
(shougai no kansei de ari nai de wa nai)
・・・いいや 人生の事など僕は分からない
(…ii ya jinsei no koto nado boku wa wakaranai)
けもの道のように続くだけ
(kemono michi no you ni tsudzuku dake)

なおも美化しようのないへマやドジを踏んで
(nao mo bika shiyou no nai HEMA ya DOJI o funda)
なおも美観を損ねる過ちを犯して
(nao mo bikan o sokoneru ayamachi o okashite)
なおも無邪気に希望を抱いて笑う
(nao mo mujaki ni kibou o daite warau)
子鳩を追う子供の手みたいに
(kobato o ou kodomo no te mitai ni)
ただ真っ直ぐなだけ
(tada massugu na dake)

日帰りでも何泊でもいい 幼い日の腕白ぶりに
(hikaeri demo nanpaku demo ii osanai hi no wanpaku buri ni)
敵うような美しさの思い出探しに出るといい
(kanau you na utsukushisa no omoide sagashi ni deru to ii)

人生に悲哀は気取りでしかない
(jinsei ni hiai wa kidori de shika nai)
人生に素直は演技でしかない
(jinsei ni sunao wa enki de shika nai)
・・・いいや 人生は方位磁石も星も無い
(…ii ya jinsei wa houijishaku mo hoshi mo nai)
ひとり旅のように風任せ
(hitori tabi no you ni kaze makase)

そして誰かを失い 誰かと巡り会い
(soshite dareka o ushinai dareka to meguriai)
そして何かが過ぎ去り 何かを思い出し
(soshite nanika ga sugisari nanka o omoidashi)
そして転がり続ける自分を歌い
(soshite korogari tsudzukeru jibun o utai)
何にも見えない夜空を笑い
(nanimo mienai yozora o warai)
絶え間なく回るだけ
(taemanaku mawaru dake)

少しその街を離れてケータイの電源を切って
(sukoshi sono machi o hanarete KEETAI no dengen o kitte)
しばらく友達も忘れて鈍行に揺られるだけでいい
(shibaraku tomodachi mo wasurete donkou ni yurareru dake de ii)

11. とても何気ない言葉 (totemo nanigenai kotoba)
「二人の暮らしは どうデフォルメしても劇的ではないけど
(“futari no kurashi wa dou DEFORUME shite mo gekiteki de wa nai kedo)
テーブルを挟んで向かい合えることが僕は嬉しいんだ
(TEEBURU o hasande mukai aeru koto ga boku wa ureshiinda)
互い違いのエスカレーターでかすれるくらいの出会い達
(tagaichigai no ESUKAREETAA de kasureru kurai no deai tachi)
だけど目を見てすぐ感じ合うものがあった出会いは ただ一人
(dakedo me o mite sugu kanji au mono ga atta deai wa tada hitori)

君のいつもの愚痴が恋しいよ
(kimi no itsumo no guchi ga koishii yo)

陽当りの悪い部屋だから困るわ 洗濯モノが大変なのよ
(hiatari no warui heya dakara komaru wa sentaku MONO ga taihen na no yo)

昨日の続きや明日の過去だと思うとあっけない今日さ
(kinou no tsudzuki ya asu no kako da to omou to akkenai kyou sa)
廃人のように寝て それでも君の声を思ってるんだ
(haijin no you ni nete soredemo kimi no koe o omotterunda)

陰り とうに姿を朱くした日常
(kageri tou ni sugata o akakushita nichijou)

別に品のない話題でもいいのさ 君の溜め息さえ愛せるもの
(betsu ni hin no nai wadai demo ii no sa kimi no tameiki sae aiseru mono)

独り 君の今日を考えてる 君の明日を祈ってる
(hitori kimi no kyou o kangaeteru kimi no asu o inotteru)

陽当りの悪い部屋だから困るわ 洗濯モノが大変なのよ
(hiatari no warui heya dakara komaru wa sentaku MONO ga taihen na no yo)
とても何気ない言葉が欲しいのさ 君の溜め息さえ愛せるもの。」
(totemo nanigenai kotoba ga hoshii no sa kimi no tameiki sae aiseru mono.”)

起床の時間だ 夜になれ
(kijou no jikan da yoru ni nare)
消灯の時間だ 朝になれ
(shoutou no jikan da asa ni nare)

12. 「死神コール」 (“Shinigami Call”)
それでもお前が欲しいよ 首ったけ お前は最高
(soredemo omae ga hoshii yo kubittake omae wa saikou)

この血を この血を 正しく乱す大切な関係
(kono chi o kono chi o tadashiku midasu taisetsu na kankei)
そうして言うよのない快感と癒えようのない冒険が
(soushite iu yo no nai kaikan to ie you no nai bouken ga)
またアーカムを抜け出して大通りでヒッチハイクしているよ
(mata AAKAMU o nukedashite oodoori de HICCHIHAIKU shiteiru yo)
この血を この血を 流れる足音
(kono chi o kono chi o nagareru ashioto)
この血を この血を この血を この血を あの足音
(kono chi o kono chi o kono chi o kono chi o ano ashioto)

ああ 愛してるよ こんなにも こんなにも
(aa aishiteru yo konnanimo konnanimo)
最悪さ もうどうにもならないし 忘れないよ
(saiaku sa mou dounimo naranai shi wasurenai yo)

イザナミhoney
(IZANAMI honey)
苦い苦い愛
(nigai nigai ai)
甘い甘いBye-bye
(amai amai Bye-bye)

一体 何十億回愛し合ったら
(ittai nanjuuoku kai aishiattara)
「他にはもう何も要らない。」と言葉にできる?
(“hoka ni wa mou nanimo iranai.” to kotoba ni dekiru?)
この思い出を歌う時 それはお前のことを思う時
(kono omoide o utau toki sore wa omae no koto o omou toki)

みんなパイプ椅子でもって輪を作ろうぜ
(minna PAIPU isu de motte rin o tsukurouze)
お互いの愛に平和と同情を
(otagai no ai ni heiwa to doujou o)

だけど お前はちっとも俺を見てくれない
(dakedo omae wa chitto mo ore o mite kurenai)
そうさ お前はちっとも俺を見てくれない
(sousa omae wa chitto mo ore o mite kurenai)

絶対 何十億回愛し合っても
(zettai najuuoku kai aishiattemo)
「他にはもう何も要らない。」など言えやしない
(“hoka ni wa mou nanimo iranai.” nado ieyashinai)
何十億回も何十億回も
(nanjuuoku kai mo nanjuuoku kai mo)
お前が分からない お前はまるで
(omae ga wakaranai omae wa maru de)
気の済むまで車輪を回す気でいるハムスター
(ki no sumu made sharin o mawasu ki de iru HAMUSUTAA)
何十億回も何十億回も
(nanjuuoku kai mo nanjuuoku kai mo)

それでもお前が欲しいよ 首ったけ お前は最高
(soredemo omae ga hoshii yo kubittake omae wa saikou)
その肌 その髪 その胸
(sono hada sono kami sono mune)

その実 愛してる こんなにも
(sono jitsu aishiteru konnanimo)
優しくって甘いBye-bye
(yasahikutte amai Bye-bye)
優しくって優しくって優しくって甘いBye-bye
(yasashikutte yasashikutte yasashikutte amai Bye-bye)

母さん 僕ってどうしたんだろう
(kaa-san boku tte doushitandarou)
こんな事になるはずじゃなかったんだ
(konna koto ni naru hazu janakattanda)

僕 どうしちゃったんだろう
(boku doushichattandarou)
僕 どうして居るんだろう
(boku doushite irundarou)
今 どうしているんだろう
(ima doushite irundarou)
僕 どうして?
(boku doushite?)

13. P.S.S.O.S.
拝啓元気にしてますか 僕は元気にしてますよ
(haikei genki ni shitemasu ka boku wa genki ni shitemasu yo)
近頃あまり会えませんね 別にどうでもいいですか
(chikagoro amari aemasen ne betsu ni dou demo ii desu ka)
貴方にこの手紙をしたためても貴方に届きはしない
(anata ni kono tegami o shita tametemo anata ni todoki wa shinai)
ダイアリー ダイアリー 僕は今日も雨でした
(DAIARII DAIARII boku wa kyou mo ame deshita)

あれから変わりありませんか 僕は変わりありませんよ
(are kara kawari arimasen ka boku wa kawari arimasen yo)
何にも成長してないし まだあの頃のままですよ
(nanimo seichou shite nai shi mada ano goro no mama desu yo)
変わってゆくのはこの世界だけで僕は残されたんだ
(kawatte yuku no wa kono sekai dake de boku wanokosaretanda)
ダイアリー ダイアリー 僕の妄想的ポスト
(DAIARII DAIARII boku no mousouteki POSUTO)

こちら桃源郷より桃源郷へ P.S.SOS
(kochira tougenkyou yori tougenkyou e P.S.SOS)
僕からどんなに望んだところでこの病は治らない
(boku kara donna ni nozonda tokoro de kono yamai wa naoranai)
ダイアリー ダイアリー 僕は治りませんでした
(DAIARII DAIARII boku wa naorimasen deshita)
ねぇ 聞こえてるかい 知ってるかい
(nee kikoeteru kai shitteru kai)

こういうお国柄ですんで不自由は致しませんが
(kou iu okunigara de sunde fujiyuu wa itashimasen ga)
そういう言葉を簡単に使うことが出来ませんで
(sou iu kotoba o kantan ni tsukau koto ga dekimasen de)
それは『会いたい』ですとか 『抱きたい』ですとか
(sore wa “aitai” desu toka “dakitai” desu toka)
『信じてる』ですとか 『愛してる』ですとか
(“shinjiteru” desu toka “aishiteru” desu toka)

貴方の事を延々と書いても貴方に届きはしない
(anata no koto o enen to kaitemo anata ni todoki wa shinai)
ダイアリー ダイアリー 僕の妄想的ポスト
(DAIARII DAIARII boku no mousouteki POSUTO)

こちら桃源郷より桃源郷へ P.S.SOS
(kochira tougenkyou yori tougenkyou e P.S.SOS)
この考えが終わらない限りこの家は核シェルター
(kono kangae ga owaranai kagiri kono ie wa kaku SHERUTAA)
ダイアリー ダイアリー 僕は泣けばいいんですか
(DAIARII DAIARII boku wa nakeba iindesu ka)
こちら桃源郷より桃源郷へ 桃源郷より桃源郷へ
(kochira tougenkyou yori tougenkyou e tougenkyou yori tougenkyou e)

14. 三日月の誓い (mikadzuki no chikai)
君のただいまを待つように 「ポツン。」とドアが閉まってる
(kimi no tadaima o matsu you ni “POTSUN.” to DOA ga shimatteru)
人を守る人になると誓った 日々を掃く日々が終わると信じた
(hito o mamoru hito ni naru to chikatta hibi o haku hibi ga owaru to shinjita)
思い出にさえなれない過去 さよならも言えない別れ
(omoide ni sae narenai kako sayonara mo ienai wakare)
こんなにも思えるのに会えない人 いつまでも懐かしいのに褪せない声
(konnanimo omoeru no ni aenai hito itsumademo natsukashii no ni asenai koe)

それでも今でも恋い焦がれ 何度も何度も夢に見る
(soredemo imademo koi kogare nandomo nandomo yume ni miru)
朝、目覚める度思うんだ 本当に愛してたよ
(asa mezameru tabi omounda hontou ni aishiteta yo)

僕が消える かつてのようにはもう仰げない
(boku ga kieru katsute no you ni wa mou aogenai)
あの日、あの日、二人を包んだ約束の明かり
(ano hi, ano hi, futari o tsutsunda yakusoku no akari)

シーツにくるまりながら 三日月の下 契りを交わした
(SHIITSU ni kurumarinagara mikadzuki no shita chigiri o kawashita)
念を押すように小指を絡めて 口づけをして陽が昇るのを待った
(nen o osu you ni koyubi o karamete kuchidzuke o shite hi ga noboru no o matta)

忘れられないと思うから 忘れられないと思ったさ
(wasurerarenai to omou kara wasurerarenai to omotta sa)
でも、目覚める度気付くんだ 今だって愛してるよ
(demo, mezameru tabi kidzukunda ima datte aishiteru yo)

じゃあ嘘でもいい いっそ何もかも偽れたら
(jaa uso demo ii isso nanimo kamo itsuwaretara)
その日、その日、違う誰かに永遠を誓えたら
(sono hi, sono hi, chigau dareka ni towa* o chikaetara)

君と見た三日月
(kimi to mita mikadzuki)

僕が消える もう理など失くしたから
(boku ga kieru mou kotowari nado nakushita kara)
あの日のままの古いカレンダーと止まない時計
(ano hi no mama no furui KARENDAA to yamanai tokei)
もう一度、嘘でもいい かつてのようにまた仰げたら
(mou ichido, uso demo ii katsute no you ni mata aogetara)
あの日、あの日、二人を包んだ約束の明かり
(ano hi, ano hi, futari o tsutsunda yakusoku no akari)
もう一度、嘘でもいい かつてのようにまた笑えたら
(mou ichido, uso demo ii katsute no you ni mata waraetara)
あの日、あの日、光が結んだ約束の二人
(ano hi, ano hi, hikari ga musunda yakusoku no futari)

君と見た三日月
(kimi to mita mikadzuki)

15. 回送 (kaisou)
僕は町を出たんだ もう嫌になったんだ
(boku wa machi o detanda mou iya ni nattanda)
千羽鶴を折るように歩む生活の往来に
(senbadzuru o oru you ni ayumu seikatsu no ourai ni)
朝までファストフードで 知らない人たちの日本語を聞きながら
(asa made FASUTOFOODO de shiranai hitotachi no nihongo o kikinagara)
バックパックを抱いて寝る 夢を見るまで夢を見る
(BAKKUPAKKU o daite neru yume o miru made yume o miru)

バスに乗って行くんだ 窓の外を見つめてた
(BASU ni notte yukunda mado no soto o mitsumeteta)
中央分離帯でガラスの破片が僕に煌いた
(chuuoubunritai de GARASU no hahen ga boku ni kirameita)
でもどうしようもないんだ この歌が言い逃れに堕ちぬよう
(demo dou shiyou mo nainda kono uta ga iinogare ni ochinu you)
絶対を見つけるまで ひなたぼっこなんてないんだ
(zettai o mitsukeru made hinatabokko nante nainda)

何日も何十日も雲のように漂って
(nannichi mo nanjuunichi mo kumo no you ni tadayotte)
辞めやすいバイトを転々として理由を探してたけど
(yame yasui BAITO o tenten toshite wake o sagashiteta kedo)
ある人は「無いよ。」と言って 見下すように話題を変えて
(aruhito wa “nai yo.” to itte mikudasu you ni wadai o kaete)
ある人は「有るよ。」と言って白装束に着替えだした
(aruhito wa “aru yo.” to itte shiroshouzoku ni kigae dashita)
天国のテールライト 天国のテールライトを
(tengoku no TEERURAITO tengoku no TEERURAITO o)
追いかけるグルーピーとシスターと老人とロックンローラーと猿
(oikakeru GURUUPII to SHISUTAA to roujin to ROKKUNROORAA to saru)
ノックの無いヒッピーの末路を信じてやまない猫背のロウティーン
(NOKKU no nai HIPPII no matsuro o shinjite yamanai nekoze no ROUDIIN)
町を出るんだ 絶えず飢え渇くんだ
(machi o derunda taezu ue kawakunda)

僕らは遠未来の昔話かい? 此処はお伽話? 全て夢かい?
(bokura wa enmirai no mukashi banashi kai? koko wa otogi banashi? subete yume kai?)

この頃いつも同じ空を繰り返し顧みてるのさ
(kono goro itsumo onaji sora o kurikaeshi kaerimiteru no sa)
それは東にも西にも南にも北にも無い ただ 遠い空
(sore wa higashi ni mo nishi ni mo minami ni mo kita ni mo nai tada tooi sora)
ああ 何一つ見えちゃいないのに さもありなんと鼓動してるんだ
(aa nani hitotsu miechainai noni samoari nanto kodou shiterunda)
それは時計の針のように 確かに ほら 確かに
(sore wa tokei no hari no you ni tashika ni hora tashika ni)

何日も何十日も雲のように漂って
(nannichi mo nanjuunichi mo kumo no you ni tadayotte)
辞めやすいバイトを転々として理由を探してたけど
(yame yasui BAITO o tenten toshite wake o sagashiteta kedo)
ある日 ある娘と会って また嫌になったんだ
(aruhi aruko to atte mata iya ni nattanda)
それまでの世界にもこの歌にも白けてしまって
(soremade no sekai ni mo kono uta ni mo shiraketeshimatte)

僕は愛情を知った 君を守りたくなった
(boku wa aijou o shitta kimi o mamoritakunatta)
お金に代えられないもののためにお金にへばりついた
(okane ni kaerarenai mono no tame ni okane ni hebaritsuita)
僕が戻って行った 諦めと忘却と千羽鶴を折るように歩む生活の往来に
(boku ga modotte itta akirame to boukyaku to senbadzuru o oru you ni ayumu seikatsu no ourai ni)

でも この頃いつも同じ空を 繰り返し顧みてるのさ
(demo kono goro itsumo onaji sora o kurikaeshi kaerimiteru no sa)
それは此処にも何処にも無い かといって無いわけでも無い 遠い空
(sore wa koko ni mo dokonimo nai katoitte nai wake demo nai tooi sora)
何にも分かっていないのに さもありなんと鼓動してるんだ
(nanimo wakatte inai noni samoari nanto kodou shiterunda)
それは時計の針のように 確かに ほら 確かに
(sore wa tokei no hari no you ni tashika ni hora tashika ni)

夢の話 全て夢さ あの白い嘘も鐘の音も誓約もその涙も
(yume no hanashi subete yume sa ano shiroi uso mo kane no ne mo seiyaku mo sono namida mo)
夢の話 全て夢さ 何もかも在りませんでした ただのファンタジーでした
(yume no hanashi subete yume sa nanimo kamo arimasen deshita tada no FANTAJII deshita)

この頃いつも同じ空を繰り返し顧みてるのさ
(kono goro itsumo onaji sora o kurikaeshi kaerimiteru no sa)
それは東にも西にも南にも北にも無い ただ 遠い空
(sore wa higashi ni mo nishi ni mo minami ni mo kita ni mo nai tada tooi sora)
ああ 何一つ見えちゃいないのに さもありなんと鼓動してるんだ
(aa nani hitotsu miechainai noni samoari nanto kodou shiterunda)
それは時計の針のように 確かに ほら 確かに
(sore wa tokei no hari no you ni tashika ni hora tashika ni)


2 Comments on “長澤知之 – JUNKLIFE lyrics”

  1. matsukaze says:

    OMG! You’re amazing! Thank you so much for the lyrics! I’m still waiting for my CD…stupid postal service…

    • heroicxspacexkid says:

      No problem, there may still be some errors in THE ROLE, JUNKLIFE, はぐれ雲けもの道ひとり旅, and とても何気ない言葉. I won’t know for sure until I romanize them and it may take me awhile to get around to it all finished now. Hope you get your copy soon, it’s a very good release and I’m looking forward to the tour!


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s